news

News! 広大地の評価を廃止

平成29年度の税制改正(具体的には、平成30年1月1日以後の相続税・贈与税より

適用)により、広大地の評価を廃止して、『地積規模の大きな宅地の評価』が新設され

ることになりました。

このため、『地積規模の大きな宅地の評価』による減額割合は、従来の広大地評価の

減額割合よりも大幅に減少することになります。

今後は、土地の画地条件等によっては『地積規模の大きな宅地』

としての相続税評価額が時価を上回るケースも多く考えられることとなります。

この場合、不動産鑑定士による鑑定評価をする方が低い評価額となるケース

がありますので、お気軽にご相談ください。

詳しくはコチラへ  国税庁のページ