news

既存建物状況調査のご案内

【建物状況調査についてのご案内】
国の講習を受けた既存住宅状況調査技術者(建築士)が改正宅建業法における
「建物状況調査」を行います。まずは、電話かメールでご相談ください。

  【調査項目】

(1)構造耐力上主要な部分に係る調査部位
   ■基礎 ■土台及び床組み ■床 ■柱及び梁 ■外壁及び軒裏  
   ■バルコニー ■内壁 ■天井 ■小屋組 ■蟻害・腐朽・腐食

(2)雨水の侵入を防止する部位に係る調査部位
   ■外壁 ■軒裏 ■バルコニー ■内壁 ■天井 ■小屋組 ■屋根
  
   ※調査は、目視・計測等により行い、破壊調査は行いません。   
   ※床組や小屋組等は点検口から目視可能な範囲で行い、進入調査は行いません。 
     ※屋根は地上から目視可能な範囲で行います。

 (3)耐震性に関する書類
   確認済証、検査済証、確認台帳記載事項証明、新築時の建設住宅性能評価書等の 
     書類での確認です。(弊社で耐震構造計算を行うものではありません)

  
     【建物状況調査の流れ】

   STEP1     お問い合わせ

   STEP2     お見積り

   STEP3     お申込み及び日程調整

   STEP4    現地調査

   STEP5    報告書のご提出   
             (【建物状況調査の結果の概要】及び【既存住宅状況調査報告書】)

 

  ・国交省報告書様式

  (参考様式)既存住宅状況調査[木造・鉄骨造]