gyousyubetu

税務・会計事務所の皆様へ

当グループでは、以下のようなケースで税務・会計事務所の皆様と協業して、事案の解決に向けたお手伝いを行っております。

  • 相続税納付・還付のための評価
  • 関連会社・同族会社間の取引における売買価格の妥当性立証のための評価
  • 減損会計のための評価
  • 賃貸等不動産の時価評価

相続税納付のための評価

相続税算定のための不動産評価は、一般に国税庁が発表している財産評価基準とその基本通達等に基づいて行われますが、当該基準等に基づく評価額が、時価を大きく上回って査定されるケースも多く見受けられます。また、相続税が発生する資産規模のクライアントは案外少なく、相続税の評価・申告を多く手掛けられている税務の専門家も比較的少ない、という実態があります。当グループでは、不動産評価の側面から相続税申告実務のバックアップを致します。

Step1 初期打合せ・評価対象不動産の整理・評価方針の策定など

一般的には、財産評価基準に基づく評価額をお伺いし、これと当方が把握している時価水準とを比較して、時価の方が低く求められそうな場合には、Step2の概算評価額の試算の段階まで作業を進めます。

また、必要に応じて、相続財産(不動産)が多数に上る場合には、対象物件の整理から、財産評価基準に基づく評価額の査定まで、税務・会計事務所の皆様のサポートを行っております。

Step2 概算評価額の内示

上記の打合せにより、時価が財産評価基準に基づく評価額を下回りそうな場合には、当方の鑑定評価額について迅速に内示を行い、節税できる見込額などについて、出来るだけ早い段階で確認してもらったうえで、以降の作業を進めていきます。

Step3 成果品(不動産鑑定評価書)の納品

以上の過程を経て、最終成果品である不動産鑑定評価書を作成しますが、当該成果品は、税務当局に対して説明責任を果たすべく、出来るだけ詳細に、また出来るだけわかりやすく作成することを基本方針として作成します。

Step4 アフターフォロー

クライアントや担当税理士様への説明業務はもちろんのこと、必要に応じて税務当局への追加説明など、必要に応じたアフターフォローを行います。

icon syousai

賃貸等不動産の時価評価

近年、世界で国際会計基準(IFRS)の採用が進んでおり、日本でも「賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準」が適用予定となっており、平成21年4月1日以降に開始する事業年度から時価等の開示が義務化される予定です。当グループでは、大量案件の評価実績等に基づき、資産のグルーピングから、実際の評価まで、トータルでのサポートを行います。

Step1 所有する賃貸等不動産に係る情報収集及び適用の判断

企業が保有する全ての賃貸等不動産が当基準の適用対象となる訳ではなく、当グループでは、固定賃貸借契約書(レントロール)を精査のうえ、基準適用の適否を行うサポートを致します。

Step2 時価開示への対応検討等

Step1で整理した各賃貸等不動産について、「不動産鑑定評価」,「価格調査報告書(簡易)」,「類似方式」のいずれを用いて評価するか、その重要性や個別性,類似不動産の状況等を専門的な見地から総合的に判断し、さらに評価にかかる費用のバランスも考慮しながら振り分けを行います。

Step3 不動産鑑定評価の実施

Step2で振り分けを行った各賃貸等不動産について、それぞれの手法により評価を行います。

Step4 統括及び今後の対応方針の検討

Step3で行った評価の取りまとめを行い、本業務中に顕在化した当該不動産の潜在リスクを整理し、売却・継続保有等のCRE戦略策定のサポートを行います。

icon syousai