gyousyubetu

公共機関の皆様へ

公共団体において、不動産評価が必要となるのは、以下のようなケースがあげられます。

  • 公共団体が課税する際に必要となる「課税のための評価」
  • 公共施設の用地を取得する際に必要となる「公共用地取得のための評価」
  • 公有資産を売却する際に必要となる「公有資産売却のための評価」
  • このほか公有不動産の有効活用や財務分析のための資産評価
以上のような、いわゆる「公的評価」においては、近年、権利者意識の高まりから、公的評価額の算定根拠を明確化する「説明責任」が求められており、理論的かつ客観的な評価手法を導入することが、不可欠となっています。

また、税収減少に歯止めがかからない今日においては、公的不動産のマネジメントに対する公共団体の認識は、日々高まっており、公的不動産の管理,運用を戦略的に行うための「PRE戦略」が、公共団体にも求められる時代へと向かいつつあります。

このような「公的評価」に対するニーズの高まりに応えるため、私どもソリュート・グループでは、これまで、公的評価額算出のための鑑定評価や土地評価業務に多数取り組むとともに、さらには、税務職員や用地職員を対象とした研修会やセミナーの開催、研修テキストの作成や講師派遣などを長年にわたり行って参りました。

当グループでは、今後も、より一層、公的評価業務の重要性に対する認識を深めるとともに、日々、評価技術の研鑽を重ねることにより、公共団体の皆様のサポートを行って参りたいと考えております。

当グループが携わっている公的評価業務の一例

  • 地価公示・都道府県地価調査業務
  • 固定資産税評価・相続税評価業務
  • 固定資産税路線価評価業務
  • 競売評価業務
  • 公共用地取得のための不動産鑑定評価業務
  • 公共用地取得に伴う補償コンサルタント業務
  • PRE戦略のための固定資産時価評価業務